Web Tips:Google Service

Google FontsをWindows PCにインストールして使う

Google Fontsは、APIを使えば簡単にWebページでWebフォントを利用できるサービスです。ただしデザインカンプなどでWebフォントを利用するには、フォントをPCにインストールする必要があります。Google FontsをWindows PCにインストールして使う方法を解説します。

Google FontsをWebページで使う

Webフォントサービスとして有名なGoogle Fontsは、日本語フォントは持っていませんが、すべてオープンソースのフォントであり、誰でも制限なく無償で利用できます。Google FontsをWebページに取り込み利用する方法を解説します。

Chrome 拡張機能 Google Publisher Toolbar でAdSense情報を確認する

Chrome の拡張機能「Googleサイト運営者向けツールバー(Google Publisher Toolbar)」をインストールすると、AdSense の収益額や掲載結果の概要を確認できます。また広告ユニットごとの詳細情報確認や不適切な広告のブロックを広告掲載ページ内で行えます。

Google AdSense の使い方 ~広告設置・運用方法~

Google AdSense はオンラインコンテンツから収益をあげる手軽な方法です。WebサイトへAdSense 広告を設置する具体的なやり方、広告の管理やパフォーマンス トラッキングなどの運用方法を解説します。

Google AdSense の始め方 ~申し込みから支払い手続きまで~

Google AdSense は誰でも簡単に始めることができ、広告をクリックされただけで報酬が発生するため、オンラインコンテンツから収益をあげる手軽な方法です。AdSense の申し込みから、収益をあげ支払いを受けるまでの手続きを解説します。

Google ウェブマスターツールでこれだけはチェックする

ウェブマスターツールではWebサイトに発生している問題を指摘してくれます。また基本的なアクセス解析データも確認できます。サイト運用時に、ウェブマスターツールで定期的にチェックするべき項目について解説します。

Chrome デベロッパーツールでのJavaScriptデバッグ方法

Chrome デベロッパーツールでは、強力なJavaScriptデバッグ機能をもっています。
ブレークポイント設定やステップ実行で、効率的にバグの原因を見つけることができます。

Chrome デベロッパーツールでPageSpeed Insightsを使う

PageSpeed Insightsは、Webページのコンテンツを分析し、ページの読み込み時間を短くする方法を提案してくれるオンラインツールです。このツールはChrome デベロッパーツールの拡張機能として組み込めますので、その方法を解説します。

Chrome デベロッパーツール Auditsパネルの使い方

Chrome デベロッパーツールのAuditsパネルでは、Webページを最適化するための診断と改善事項の提案をしてくれます。診断結果に従いローディング時間を短縮するなどして、パフォーマンスを向上させることができます。

Chrome デベロッパーツール Resourcesパネルの使い方

Chrome デベロッパーツールのResourcesパネルでは、Webページを構成するリソースファイルや、Cookie/Web Storageなどのデータを確認できます。

Chrome デベロッパーツール Networkパネルの使い方

Chrome デベロッパーツールのNetworkパネルでは、Webページでロードされるリソースに関するデータを収集することができます。リソースサイズ、ローディング時間、HTTPヘッダーなどを確認することができ、パフォーマンス改善に役立てることができます。

Chrome デベロッパーツール Workspaces機能の設定

Chrome デベロッパーツールにはWorkspacesという、ローカルファイルを直接編集したり保存することができる機能があります。デベロッパーツールを外部エディタとして使い、変更内容がページのリロードなしに即座にブラウザの表示に反映されます。

Chrome デベロッパーツール Sourcesパネルの使い方

Chrome デベロッパーツールのSourcesパネルでは、Webページで使用しているCSSやJavaScriptファイルを編集し、表示に反映させることができます。またJavaScriptのデバッグもこのパネルで行うことができます。

Chrome デベロッパーツール Elementsパネルの使い方

Chrome デベロッパーツールのElementsパネルでは、WebページのHTML/CSSを検証することができます。Web制作者が最もよく使うデベロッパーツールの機能です。ブラウザでの表示がおかしい時は、とにかくこの機能を使ってデバッグするのが問題解決の早道となります。

Chrome デベロッパーツールの使い方概要

Chrome デベロッパーツール(Chrome Developer Tools)は、Google Chromeに組み込まれたWeb開発者向けのツールです。WebページやWebアプリの制作・デバッグ、サイト運用に活用できます。この記事ではデベロッパーツールを使う際の基本的な事項を説明します。

WordPressでrobots.txtを設定する

robots.txtは、特定のファイルやディレクトリをアクセスされないようにブロックする目的で使われます。特にクローラーに対して価値のないURLをクロールさせないことは、SEOにも有利に働きます。そのrobots.txtをWordPressサイトで利用する方法を解説します。

Google ウェブマスターツールでサイトマップを送信する

Webサイトのページの情報をGoogleに提供するために、ウェブマスターツールでサイトマップを送信する手段があります。サイトマップを送信すると、通常のクロールで検出できないURLもインデックスに登録される可能性が高くなります。

Google アナリティクスをセットアップする

Googleアナリティクスは最強の無料アクセス解析ツールです。ただ機能が豊富なため、慣れない人には使いづらいと感じるかもしれません。本格的にサイト改善につなげたいのなら、是非とも使いこなしたいツールなので、そのセットアップ方法を解説します。

Google ウェブマスターツールへサイトを追加する

Googleウェブマスターツールを使えば、手軽にWebサイトのアクセス解析をすることができます。またサイトの問題点や改善点も指摘してくれます。ウェブマスターツールを使うには、まずサイトを追加し所有権の確認をしなければなりませんのでその方法を解説します。

Google検索エンジンからWebサイト情報を取得する

Webサイトの情報を調べる方法として、検索ボックスに「info:URL」と入力し情報を表示する方法があります。このコマンドを用いることによって、Googleにインデックスされているページや、どの時点のページがインデックスされているかがわかります。

GmailとOutlookを連携して使用するための設定方法

外出先でも容易にメール確認ができることから、メーラーとしてGmailを利用している方も多いと思います。Gmail以外のアカウントも持っていて、自宅では従来通りOutlookで送受信したい場合は、GmailとOutolookを連携させると便利です。

ページの先頭へ