Bing Webマスターツールへサイトを登録する

マイクロソフトの検索エンジン「Bing」にも、Googleと同様のWebマスターツールがあります。このツールでBingでのアクセス解析ができ、サイトの改善点を指摘してくれます。Bing Webマスターツールを使うための、サイト登録方法を解説します。

Bing Webマスターツールを使うには、Microsoftアカウントに登録していなければなりません。
まだ登録していない場合は、下記ページにアクセスして登録します。
http://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/default.aspx

登録が済んだらMicrosoftアカウントを使ってWebマスターツールへサインインします。
http://www.bing.com/toolbox/webmaster/

[サイトの追加]にURLを入力し、[追加]ボタンをクリックします。

サイトの追加画面

必要項目を入力して、下にある[保存]ボタンをクリックします。

WEBサイト情報入力画面

所有権を確認する方法は何種類かありますが、ここではXMLファイルをサイトのルートドメインに配置する方法で確認してみます。

[BingSiteAuth.xml]をクリックしてXMLファイルをダウンロードします。

XMLファイルの配置説明画面

ダウンロードしたファイル「BingSiteAuth.xml」を、FTPソフトなどを使ってサイトのルートドメインにアップロードします。

アップロードしたら、[http://ドメイン名/BingSiteAuth.xml]をクリックします。

XMLファイルの配置説明画面

下記のようにブラウザに表示されればOKです。

XMLファイルのブラウザ表示

Webマスターツール画面に戻って、下にある[確認]ボタンをクリックします。
所有権が確認されると、下記のようにグリーンのチェックマークがつきます。

所有権確認マーク

スポンサーリンク

特集記事

  • jQuery Mobile Image

    jQuery Mobile を基本から覚える
    スマホサイト制作に最適なフレームワークの利用方法を解説。DEMOページ・サンプルコードで動作を確認できます。

スポンサーリンク

ページの先頭へ