Dreamweaverで「_notesフォルダ」を生成しないようにする

Dreamweaverを使ってWeb制作をしていると、知らない間に「_notesフォルダ」という余計なフォルダが自動で作成されていることがあります。納品する時にいちいち削除するのも面倒なので、あらかじめ生成されない設定にしておきます。

【記事執筆時の環境】
Dreamweaver CS6

_notesフォルダの役割

_notesフォルダには2つの役割があります。

  1. Fireworksと連携するときに、デザインノートファイル(拡張子:.mno)を保存する。
  2. ローカルとサーバーとの同期情報ファイル(dwsync.xml)を保存する。

.mnoファイルは、DreamweaverとFireworksを連携させて使うメリットを感じないなら必要ないでしょう。
私もFireworksは使いますが、この機能は便利と思ったことはありませんし使ってもいません。

dwsync.xmlは、ローカルとサーバーにあるファイルの更新日時をチェックし、前回アップロードした時と相違があった場合に警告を出す機能に使います。
複数人や複数の環境から同じファイルを編集するなら別ですが、私の場合これもメリットを感じません。

_notesフォルダを自動生成しないようにするには、上記2つの機能を無効にします。

デザインノートの無効化

メニューの[サイト]-[サイトの管理]を選択し表示される[サイトの管理]画面から、
設定するサイトをダブルクリックします。

サイト設定画面

[詳細設定]-[デザインノート]をクリックし、[デザインノートの保持]のチェックを外します。

デザインノート設定画面

[保存]ボタンをクリックし設定を保存します。

同期情報の無効化

[サイト設定]画面で、[サーバー]をクリックします。

サーバー設定画面

設定するサーバーをダブルクリックし、[詳細設定]タブをクリックします。

サーバー詳細設定画面

[同期情報の保持]のチェックを外すと以下のメッセージダイアログが表示されますので、[はい]をクリックします。

同期情報無効メッセージダイアログ

[保存]ボタンをクリックし設定を保存します。

以上で、_notesフォルダが自動生成されなくなりました。

スポンサーリンク

特集記事

  • jQuery Mobile Image

    jQuery Mobile を基本から覚える
    スマホサイト制作に最適なフレームワークの利用方法を解説。DEMOページ・サンプルコードで動作を確認できます。

スポンサーリンク

ページの先頭へ