PayPalテストサイト Sandboxで決済処理を検証する

PayPalの決済サービスを利用して商品を販売する際、決済処理が正しく動作するか確認する手段として、Sandboxというテストサイトが用意されています。ここにテスト用アカウントを作成すれば、実際のお金のやりとりなしに決済処理を検証することができます。

テスト用アカウントの開設

テスト用アカウントとしては、販売と購買の2つ用意します。

下記サイトにアクセスします。
https://www.sandbox.paypal.com/developer

PayPalテストサイトSandbox

[Sign Up]をクリックします。

国のドロップダウンリストで、'Japan'を選択します。

アカウント登録画面

[今すぐ登録]をクリックしてアカウントを作成します。
「パーソナル」は購買アカウントに、「ビジネス」は販売アカウントとして、手順を2回繰り返して登録します。

テスト用アカウントですから、情報さえ間違わずに入力すれば、アカウントはすぐに開設されます。

あとは画面の指示に従ってください。

上記の方法でうまくいかない時は、以下の手順を試してみてください。

下記サイトにアクセスします。
https://developer.paypal.com/webapps/developer/index

PayPalログイン画面

現在持っているPayPalアカウントでログインします。

ログインしたあと、[Applications]タブをクリックします。

[Sandbox accounts]をクリックします。

右上の[Create Account]ボタンをクリックします。

テストアカウント作成画面

あとは、各項目を入力してアカウントを作成してください。

テストサイトで支払いボタンの作成

テストサイトで支払いボタンを作成する手順は、正規サイトで作成する手順と同じです。
ただ、ログイン画面のURLが違うだけです。

テストサイトは、こちらからログインしてください。
https://www.sandbox.paypal.com/webapps/mpp/home

支払いボタンの作成手順は、こちらの記事を参照してください。
https://weback.net/netbiz/923/

支払いボタンをテスト用販売アカウントで作成し、商品を購入する時は決済ページでテスト用購買アカウントを使います。

販売あるいは購買のテスト用アカウントにログインしてみれば、取引結果がただちに表示されているはずです。

スポンサーリンク

特集記事

  • jQuery Mobile Image

    jQuery Mobile を基本から覚える
    スマホサイト制作に最適なフレームワークの利用方法を解説。DEMOページ・サンプルコードで動作を確認できます。

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ