Chrome デベロッパーツール Workspaces機能の設定

Chrome デベロッパーツールにはWorkspacesという、ローカルファイルを直接編集したり保存することができる機能があります。デベロッパーツールを外部エディタとして使い、変更内容がページのリロードなしに即座にブラウザの表示に反映されます。

【記事執筆時の環境】
Windows 7 Professional 32bit SP1
Google Chrome 35

Workspaces機能を使うには、以下の2つの設定が必要です。

(1)Workspaceフォルダの追加
ローカルフォルダをデベロッパーツールでアクセスするために、Workspaceフォルダとして追加します。

(2)ネットワークリソースへのマッピング
Workspaceフォルダ内にあるファイルを、ネットワークリソースとしてマッピングします。

Workspaceフォルダの追加

  1. Sourcesタブをクリックし、Sourcesパネルを表示します。
  2. 左側のファイルツリーエリアで右クリックし、[Add folder to workspace]を選択します。
    workspaceフォルダ追加メニュー
  3. 「フォルダーの参照」ダイアログが表示されますので、フォルダを選択しOKをクリックします。
  4. ブラウザにアクセス許可のメッセージが表示されますので、[許可]をクリックします。
    アクセス許可メッセージ
  5. ファイルツリーに選択したフォルダが表示されます。
    Workspaceフォルダの表示

【補足】
設定パネルからも同様にWorkspaceフォルダの追加を行うことができます。

設定パネル

ネットワークリソースへのマッピング

  1. Workspaceフォルダ中のファイルの上で右クリックし、[Map to network resource]を選択します。
    ネットワークリソースへのマッピングメニュー
  2. ファイル名が表示されたボックスが表示されますので、Enterキーを押すかファイル名をクリックします。
    ファイル名表示ボックス
  3. リスタートのメッセージが表示されたら、OKをクリックします。
    リスタートメッセージ

これでWorkspaces機能を使う設定が完了しました。

スポンサーリンク

ページの先頭へ