【第1回】CMS/WordPress の基礎

連載講座:WordPressで作る簡単Webサイト

講座の第1回では、WordPress を使うにあたって前提となる基礎知識を解説します。
いきなりサイトを制作し始めるのではなく、WordPress の仕組みやメリットを知り、納得した上で制作に取り掛かったほうが良いと思うからです。

CMS/WordPress とは何か

CMS(Content Management System)とは、日本語では「コンテンツ管理システム」と言います。Webページのコンテンツを構成するテキストや画像などを、統合・体系的に管理し配信などの処理を行うシステムのことです。

これにより、Webページを制作する際の役割分担として、
・文書構造は「HTMLで記述」
・デザインは「CSSで記述」
・コンテンツは「CMSで管理」
と切り分けることが可能になります。

さらに、現在の CMS はコンテンツだけでなく、Webサイト全体を管理するシステムとなっています。

WordPress は、CMS の中では世界的にシェアNo.1 のシステムです。CMS の支配率としては約60%という調査結果もあります。

WordPress の特徴

  • 当初はブログシステムとしてスタートしましたが、最近では機能が拡充され、一般のWebサイトでも広く使われるようになっています。
  • 世界中のボランティアによって開発が行われています。
  • GPLというライセンスを採用しており、誰もが無料で使用できるだけでなく、改変や再配布も自由となっています。
  • サイトの外観を決めるものは「テーマ」と呼ばれており、無料/有料のものが数多く存在します。その数は他のシステムやサービスを凌駕しています。
  • 簡単に機能追加できる「プラグイン」というモジュールがあります。こちらもテーマと同様に、無料/有料のものが数多く提供されています。

WordPress は他の追随を許さないほど、柔軟でかつ拡張性のあるシステムとなっています。それがすべて無料で使えるのですから、これほど普及するのも納得です。

無料といえば、最近では Wix やJimdo などのホームページ作成サービスもありますが、それらのサービスを使うとどうしても「縛り」が生まれてしまいます。
その点、WordPress の自由度は圧倒的で、「どのような使い方も可能」と言っても過言ではありません。

WordPress を使うにはどうするか

非常に便利な WordPress ですが、どうやって利用すればいいのでしょうか?
それにはいくつかの手順とノウハウがあります。
以下は使うにあたっての、おおまかな手順です。

WordPress のインストール

一般の人は Webサイトを公開するにあたって、レンタルサーバーを借りると思います。
WordPress の基本的なインストール方法としては、FTP で直接レンタルサーバーのディレクトリにファイルをアップロードして行います。現在では多くのレンタルサーバーで、WordPress の自動インストール機能を持っており、この作業は非常に簡単になっています。

また、WordPress はデータベースを使用しますので、サーバー内にあらかじめデータベースを作成しておく必要があります。作成方法は使用するサーバーにより異なります。

この講座では、ローカルのパソコンに WordPress およびその実行環境をインストールして Web制作する方法を解説します。

初期設定およびテーマの選定

WordPress では、Webサイトのデザインや動作を規定した「テーマ」を選定することが重要です。テーマは独自で一から作成することも可能ですが、他の人が作成した既存のテーマを選ぶことも可能です。

テーマを独自に作成するのはハードルが高いので、まずは既存テーマをベースにサイトを作っていくのが簡単です。
既存テーマには、管理画面から検索しインストールできる「公式テーマ」と、「非公式テーマ」があります。公式テーマは 100% GPL が保証されており、誰もが安心して使うことができます。この講座でも公式テーマを選定しています。

必要なプラグインのインストール

プラグインとは機能拡張するモジュールのことですが、こちらも公式と非公式のものが存在します。使用するテーマによっては、インストールを推奨しているプラグインもあります。

プラグインは非常に便利なので数多くインストールしがちですが、WordPress本体や他のプラグインとの相性、処理の重さ、またアップデートの煩雑さもありますので、必要最小限にとどめておくことが肝心です。

管理画面からのコンテンツ入力

WordPress によるサイト制作の準備が整ったら、いよいよ管理画面からコンテンツを入力していきます。
標準機能である投稿や固定ページの追加だけでなく、ウィジェットでページにコンテンツを追加する場合もあります。また、ページ内に設置するナビゲーションは、メニューを作成することで表示することができます。
テーマによっては「テーマオプション」や「カスタマイザー」で、さまざまな設定項目を設けているものもあります。

WordPress での Webサイト制作作業では、管理画面からコンテンツを入力したり、デザインなどの設定を繰り返し行うことがメインとなります。

«次の連載記事»
«前の連載記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ