抜粋文に入力がない時はthe_excerptで抜粋文を表示させない

WordPressのテンプレートタグthe_excerpt()は、投稿の抜粋フィールドに入力がない時は本文から110文字(日本語の場合)を抜粋して抜粋文を表示します。
抜粋フィールドに何か入力がある時のみ表示させ、入力がない時は表示させないようにするコードです。

フィルターフック「excerpt_mblength」と「excerpt_more」に対して、functions.phpに以下のコードを記述します。

【補足】

  • 表示文字数を指定したい場合は、一つ目の関数のreturn値に文字数を「return 50;」のように指定します。
  • 通常は文字列の最後に[…]が付きますが、それを変更したい場合は二つ目の関数のreturn値を空にしないで変更したい文字列に変えます。
  • WordPressデフォルトのプラグイン「WP Multibyte Patch」を有効化していないと、本文からの抜粋文抽出は機能しないので、有効化していることを前提にします。

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

特集記事

  • jQuery Mobile Image

    jQuery Mobile を基本から覚える
    スマホサイト制作に最適なフレームワークの利用方法を解説。DEMOページ・サンプルコードで動作を確認できます。

スポンサーリンク

ページの先頭へ