WordPress特集 - テーマ OceanWP

OceanWP は公式テーマの中では、Astra とともに2トップを形成するテーマと言えます。海外製のため日本ではそれほど見かけませんが、これだけ高機能で良くできたテーマはなかなかありません。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8
OceanWP 3.1.2

【参考ページ】
OceanWP 公式サイト

テーマ概要

OceanWP は管理画面からインストールできる Free版の他に、有料の Pro版もあります。Pro版はもちろん拡張性が高く高機能なのですが、Free版でも一般サイトには十分です。

OceanWPインストールサムネイル

特徴

  • サイドバーを左右2つ設けることができます。
  • コンテンツ幅とサイドバー幅の調整ができます。
  • ヘッダーの上にトップバーを設置することができます。
  • ヘッダーの背景には画像や動画を設定できます。
  • フッターの下にフッターバーを設置することができます。
  • フッターは 1~4 カラムで指定できます。
  • 投稿個別ページ・投稿アーカイブページは、表示する要素を指定できます。また要素を表示する位置も指定できます。
  • タイポグラフィは要素ごとにかなり細かく設定できます。Font Family/Font Size/Font Weight/Line Height/Letter Spacing/Color が設定できます。またページに存在するほぼすべての要素に対して設定できます。
  • レイアウトを投稿・固定ページ・アーカイブのページ種類別に設定できます。またページ個別でも設定できます。
  • ページごとにタイトルを非表示にできます。またサブタイトルを設定すると、ページタイトルの下に表示されます。
  • ページごとに、ヘッダー・フッター・ロゴ・メニューなど、それぞれ設定をデフォルトから変更することができます。
  • クレジット表記は Free版でも自由に編集できます。

不満点・注意点

  • 公式サイトの説明ページは決して見やすいとは言えません。掲載されている画像も判別しにくく、説明も丁寧ではありません。英語に慣れていない日本人にとっては厳しいかもしれません。
  • 固定ページではアイキャッチ画像は表示されません。
  • ヘッダーにサイトのタイトルとキャッチフレーズを表示する機能がありません。ロゴとメニューは表示できます。

有料版

公式テーマですので基本はフリーで使えますが、機能を拡張した有料の Pro版があります。価格は記事執筆時点で、1年のサポート付きで3サイトまで使える Personal が $54 です。

1年過ぎても使い続けることはできますが、アップデートしたバージョンは入手できなくなります。サポートを延長するにはさらに延長料金を支払うか、最初から LIFETIMEサポート付き($222)を購入します。

Pro版で拡張される機能は 14 あります。

Pro版のOceanWPで拡張される機能

関連プラグイン

同じ開発元が出しているフリーのプラグインが下記の7つあります。

  • Stick Anything
  • Modal Window
  • Posts Slider
  • Custom Sidebar
  • Product Sharing
  • Social Sharing
  • Ocean Extra

上記のうち、Ocean Extra はテーマをインストールした際に、インストールをうながすメッセージが出ます。
Ocean Extra では、管理メニューとして [Theme Panel] が追加され、テーマに関するさまざまなオプション設定ができますので、インストールしておいたほうが良いでしょう。

テーマの UI

ページ編集画面

コンテンツエリアの下に、ページごとにテーマで設定できる項目が表示されます。
ページごとにこれほど多くの設定変更ができるテーマも少ないです。

ページ編集画面のOceanWP設定項目

カスタマイザー

テーマ全体の設定はカスタマイザーから行います。このテーマは本当にたくさんの設定メニューがあります。

カスタマイザーのOceanWP設定メニュー
カスタマイザーのOceanWP設定パネル

テーマを使用して制作したデモサイト

Free版では15のデモサイトをインポートできます。Pro版ではさらに210のデモサイトをインポートできるようになります。
ただし、Free版でインポートできるデモサイトも、Pro版の拡張機能を使う前提のサイトがほとんどです。2つだけ拡張機能を使っていないサイトがありましたが、どちらもページビルダー Elementor で作成しており、Elementor のインストールは必要でした。デモサイトのほとんどが、Elementor と WPForms を使っています。

【公式デモサイトの一覧】
Discover Our Website Demos

下記は OceanWP を使って私が制作してみたデモサイトです。

【Free版で制作したデモサイト】
デモサイト - パソコン教室

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ