WordPress特集 - ディスカッション設定

ディスカッション設定ではコメントに関する設定を行ないます。コメントを許可するか、トラックバック・ピンバックを受け付けるか、コメントに関する詳細設定が可能です。またコメントスパム対策の設定もできます。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.7

【参考ページ】
Codex 日本語版 - 管理画面/ディスカッション設定

[設定]>[ディスカッション] をクリックして、設定を行います。

デフォルトの投稿設定

以下の3つのチェックボックスがあります。チェックを付けることでSEO効果を高めることもできますが、スパムが増えるなどデメリットもあります。

  • 投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる
    投稿内に存在する全てのリンク先に対して自動的に通知します。これをピンバックと言います。リンク先がピンバックを許可していれば、リンク先のブログに自分の投稿記事のタイトルとURLが表示されます。この仕組みを機能させるには、双方がWordPressサイトであり、通知後に相手の承認が必要になります。
  • 新しい投稿に対し他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける
    自分の記事に対し、他のブログからのピンバックおよびトラックバックを受け付けるかどうかの設定です。ピンバックやトラックバックが届き承認すると、自分の投稿のコメント欄に相手のブログの情報が表示されます。
    なおトラックバックでは、相手ブログのトラックバックURLを、自分の投稿のトラックバック送信欄にコピーして手動で送る必要があります。こちらはピンバックと違い双方がWordPressサイトでなくても利用できます。
  • 新しい投稿へのコメントを許可
    自分が作成した記事に対してコメントを許可するにはチェックを付けます。コメントを許可すると、テーマが対応していれば記事の下にコメント欄が表示さます。
    なおここでの設定は「新しい投稿」に対して有効になるため、チェックの有無を途中で変えた場合、それまでに追加した投稿に変更は適用されません。既存の投稿の許可を変更したい場合は、それぞれの投稿編集画面で設定を変えてください。

他のコメント設定

コメントに関する詳細な設定を行います。それぞれの項目は 参考ページ を参照してください。

自分宛のメール通知

コメントが投稿されたとき、およびコメントが承認待ちとなったときにメール通知を受け取るかどうかの設定です。メールは管理者メールアドレスに送られてきます。

コメント表示条件

コメントの承認方法を設定します。手動承認/自動承認の条件を設定します。

コメントモデレーション / コメント内で許可されないキーワード

両方ともコメントスパムを対策するための設定です。

アバター

自分の記事にコメントした人のアバターに関する設定です。
アバターとは、自分の分身として表示させるアイコンのような画像です。アバター機能を有効にしているサイトにコメントすると、名前のそばにアバターが表示され誰からのコメントなのか分かりやすくなります。

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ