WordPress特集 - プライバシー設定

最近では個人情報の保護に厳しくなってきました。日本では個人情報保護法がありますし、EUでは2018年にGDPR(EU一般データ保護規則)が適用開始されました。Webサイトを運営する事業者および個人も避けては通れませんので、プライバシーポリシーページを設置し、方針と取り組みについて記載する必要があります。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.7

【参考ページ】
サポート - WordPressのプライバシー

WordPressの初期設定では、サンプルのプライバシーポリシーを記載したページが固定ページに追加されており、そのページがプライバシーポリシーページとして設定されています。

プライバシーポリシーページはサイト運営者の実態に合わせて作成する必要がありますが、WordPressが提供しているページをひな型として編集しても構いませんし、新規に作成しても構いません。

新規で作成した場合は、[設定]>[プライバシー] をクリックして、そのページをプライバシーポリシーページとして設定します。

プライバシー設定画面

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ