WordPress特集 - アーカイブページの表示設定をする

アーカイブページにはさまざまな種類があり、グループに属する投稿の一覧を表示します。アーカイブページは自動的に作成され、新規追加する必要はありませんが、そのため編集画面は存在しません。テーマによっては表示する要素をコントロールできますので、その設定を行います。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8

アーカイブページには、カテゴリー/タグ/日付/投稿者などがあります。表示する内容は投稿の一覧ですが、それぞれの投稿のどの要素を表示するかはテーマにより異なります。
テーマの中には要素の表示/非表示を切り替えられるものもあります。下記はテーマ Astra のカスタマイザーでの設定画面です。

アーカイブページの表示要素設定画面

【注意】

アーカイブページは自動で作成されますので、サイトで表示しようとしなくても Web 上にページは存在することになります。従ってページへのリンクをどこにも設けていなくても、ブラウザのアドレスバーに URL を打ち込めば閲覧することができます。
投稿者アーカイブも自動で作成されますが、URL の一部にログインページのユーザー名が含まれています。従ってそのページを表示するとログインユーザー名が判明してしまいますので、セキュリティ上好ましくありません。
「ドメイン/?author=1」で投稿者アーカイブページは表示できてしまい、ユーザー名が含まれる URL にリダイレクトされてしまいます。

これを防ぐ方法はいくつかあるのですが、簡単なのは functions.php に下記コードを追加することです。これで投稿者アーカイブにアクセスすると404エラーになります。

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ