WordPress特集 - コンテンツのインポート・エクスポート

WordPress ではコンテンツをエクスポートし、他のサイトにインポートするツールを備えています。インポートツールはプラグイン「WordPress Importer」で提供されています。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8

コンテンツのエクスポート

[ツール]>[エクスポート] をクリックします。
下記画面が表示されますので、エクスポートする内容にチェックを付け、[エクスポートファイルをダウンロード] をクリックします。

エクスポート画面

XML 形式のエクスポートファイルがローカルにダウンロードされます。

コンテンツのインポート

[ツール]>[インポート] をクリックします。
インポートツールがまだインストールされていない場合は、下記画面の [今すぐインストール] をクリックします。
なお、インポートツールはプラグイン画面から「WordPress Importer」を新規追加しても構いません。

インポーターインストール画面

[今すぐインストール] が [インポーターの実行] に表示が変わりますので、クリックします。
[ファイルを選択] をクリックして、エクスポートした XML ファイルを選択し、[ファイルをアップロードしてインポート] をクリックします。

インポートファイル選択画面

下記画面が表示されますので、投稿ユーザーを設定し、[添付ファイルをダウンロードしてインポートする] にチェックを付け実行します。

インポート画面

これで XML ファイルに含まれるコンテンツが追加されます。
メディアファイルはメディアライブラリにアップロードされ、ページ内で使われているメディアもインポート先のメディアライブラリのものになります。
また投稿内に設定されているカテゴリーやタグも追加されます。

【注意点】

  • ローカル環境からエクスポートしたファイルでネット上のサイトにインポートしようとすると、ローカルコンピューターに外部からアクセスできないため、メディアファイルはダウンロードできずエラーとなります。その場合は、メディア部分は再設定するしかありません。
  • 追加するブロックをプラグインで拡張している場合は、インポート先でもそのプラグインをインストールする必要があります。
  • ページの編集画面でサイト内にリンクを設定している部分は、エクスポート元の URL のままです。インポート先の URL に変更することを忘れないようにしましょう。

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ