WordPress特集 - ユーザーの追加

WordPressインストール時に管理者ユーザーを作成しログインしますが、管理画面にログインできる新規ユーザーを追加で作成することができます。その際、実行できる機能に違いがある権限グループを設定します。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.7

【参考ページ】
サポート - ユーザー新規追加画面
Codex 日本語版 - ユーザーの種類と権限

ユーザーの新規追加画面

[ユーザー]>[新規追加] をクリックして、ユーザーを追加します。ユーザーを追加できるのは管理者権限を持つユーザーだけです。

ユーザー追加画面

入力が必須なのは、[ユーザー名] [メールアドレス] [パスワード] です。権限グループはリストの中から適切なものを選択します。メールアドレスは他のユーザーと重複してはいけません。

ユーザーの権限

WordPressではあらかじめ定義された6つの権限グループがあります。各ユーザーは割り当てられた権限グループにより、権限と呼ばれるタスクの実行が許可されます。

各権限グループは下記のようになります。特権管理者はマルチサイトの場合だけに存在しますので、シングルサイトでは5つの権限グループになります。

  • 特権管理者
    サイトネットワーク管理機能や他のすべての機能へアクセスできる。
  • 管理者
    シングルサイト内のすべての管理機能にアクセスできる。
  • 編集者
    他のユーザーの投稿を含むすべての投稿を発行、管理できる。
  • 投稿者
    自身の投稿を発行、管理できる。
  • 寄稿者
    自身の投稿を編集、管理できるが、発行はできない。
  • 購読者
    プロファイル管理のみを実行できる。

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ