WordPress特集カテゴリー:追加設定項目

ユーザーの追加

WordPressインストール時に管理者ユーザーを作成しログインしますが、管理画面にログインできる新規ユーザーを追加で作成することができます。その際、実行できる機能に違いがある権限グループを設定します。

プロフィール設定

プロフィール画面では、ブログに表示する名前・写真・プロフィール情報などを設定できます。また管理画面のUI設定やメールアドレス・パスワードの変更もできます。

カテゴリーの追加

カテゴリーは投稿をグループ分けする際に使用します。カテゴリーは親子関係のある階層構造にすることができます。投稿は1つ以上のカテゴリーに属することができますが、カテゴリーが必要ない場合でもいずれかのカテゴリーに属することになります。

タグの追加

タグはカテゴリーと同様、投稿をグループ分けする際に使用します。ただしカテゴリーと違って階層構造にすることはできません。カテゴリーは投稿全体を分類するフォルダのイメージですが、タグは特定のキーワードに関連することを示す付箋のイメージです。投稿には複数のタグを付けることが可能ですが、タグを付けるかどうかは任意です。

カスタム投稿・カスタム分類の登録

コンテンツの種類が多い場合は、カスタム投稿タイプを新規に作成して割り当てます。また分類が必要なカスタム投稿で、既存のカテゴリーで対応できない場合は、カスタム分類(カスタムタクソノミー)もセットで作成します。

ウィジェットエリアの登録

Webページ内でウィジェットを使って表示するエリアの登録を行います。ページのどこをウィジェットエリアとするかは、テンプレートにコードを記述します。一般的には各ページ共通で表示する、ヘッダー/フッター/サイドバーにウィジェットを設置するケースが多いです。

カスタム画像サイズの登録

メディアライブラリに画像をアップロードすると、サムネイルサイズや中サイズなど、複数のサイズの画像が自動生成されます。自動生成する画像サイズは、WordPress 標準で決められたサイズの他に追加することができます。

自動更新の設定

WordPress では、コア・プラグイン・テーマ・翻訳ファイルの自動更新が設定できます。WordPress のバージョンアップデートはメジャーリリースとマイナーリリースがありますが、それぞれにバックグラウンドでの自動更新を適用するかどうか設定できます。

リビジョン数と自動保存間隔の設定

WordPress では投稿や固定ページを編集する際、保存するごとにリビジョンが設定され、古いリビジョンに復元する機能があります。また一定の間隔で自動保存する機能もあります。このリビジョンと自動保存に関する設定の変更方法を解説します。

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ