WordPress特集 - エディター

投稿や固定ページを編集するにはWordPressに搭載されているエディターを使います。現在の標準エディターはブロックエディターであるGutenbergです。またページビルダープラグインをインストールすると、違うエディターを使用することも可能です。

Gutenbergエディター

GutenbergはWordPressバージョン5.0から導入され、ブロック単位で要素を追加します。

バージョン5.0より前のエディターを使いたい場合は、プラグイン「Classic Editor」をインストールするとできますが、いつサポートが終了するか分かりませんので、Gutenbergを使うほうがベターです。

Gutenbergは出てからそれほど経っていないこともあり、頻繁にアップデートされ機能が追加・変更されています。Gutenbergはプラグインでも提供されており、最新のGutenbergを使いたい場合はプラグイン「Gutenberg」をインストールします。

WordPressのバージョンアップに伴いWordPressコアに組み込まれますが、どこまでのGutenbergバージョンが組み込まれるか、その都度アナウンスされます。

【Gutenberg編集画面】
Gutenberg編集画面

ページビルダープラグイン

WordPress標準のGutenbergとは違うエディターを使うこともできます。それらはページビルダーと呼ばれており、プラグインで提供されています。有名なのは「Elementor Website Builder」「Beaver Builder」などです。

ページビルダーはドラッグ&ドロップで直感的にページ編集できるため便利ですが、WordPress標準エディターのGutenbergや他のページビルダーと互換性があるわけではありません。従ってエディターを切り替えた場合に不具合が生じることがあります。最初にどのエディターを使うか決めたらそのエディターを使い続けるようにしましょう。

【Elementor編集画面】
Elementor編集画面

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ