WordPress特集 - カテゴリー・タグを追加する

カテゴリーとタグをどのように使うかはサイトによりそれぞれ違います。メニュー項目はじめ、さまざまな場所でリンクを設定することが多い場合はあらかじめ追加しておきます。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8

カテゴリーを追加する

カテゴリーはタグと違い、投稿を追加する際もあらかじめ決まっているものを使うケースが多くなります。またカテゴリーページはメニュー項目として含めることもありますので、最初に追加しておきましょう。

最初に、[投稿]>[カテゴリー] からカテゴリー編集画面に移動し、「未分類」の名前とスラッグを変更します。
カテゴリーは必ず1つは存在しなければなりませんので、他のカテゴリーを追加していなければ「未分類」は削除できません。それならば、最も基本となるデフォルトカテゴリーとして、この未分類の名前とスラッグを変更して使うことにします。

次に、その他のカテゴリーについて、[名前] と [スラッグ] を追加していきます。
その際、[説明] も場合によっては記述します。ここに記述した文章を Webページ内で表示するテーマもあります。SEO プラグインでは meta description の文章として使う場合もあります。

また、カテゴリーは階層構造をもつことができますので、オプションで設定します。

カスタム分類のタームを追加する

カスタム分類を登録している場合は、タームを追加します。関連付けている投稿タイプのメニューに編集画面へのリンクがあります。
追加の仕方は通常のカテゴリーと同様です。

タグを追加する

タグは通常、投稿を追加していくうちに徐々に増えていくアイテムです。従って初期段階ではタグは決まっていないかもしれません。
ただサイトの動作やページ表示を確認するためにも、サンプルでいくつか追加しておきましょう。不要なタグはいつでも削除できます。

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ