WordPress特集 - サイト全体のページを構成する

Webページを作成するには、ページそれぞれの編集画面からコンテンツを入力していきますが、コンテンツを入力する前に、まずはサイト全体のページ構成を決めフレームを固めます。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8

フロントページを追加する

投稿はサイト運用時に徐々に増えていくコンテンツですので、サイト開設時に入力はほとんどされていません。固定ページは静的なコンテンツの掲載に使用し、メニュー項目にもなりますので、最初からページを追加しておきます。

コーポレートサイトの場合、固定ページで必ず追加しなければならないのは、フロントページです。フロントページはドメイントップにくるサイトの入口となるページで、トップページもしくはホームページとも呼ばれます。
ブログサイトの場合は固定ページをフロントページにしないときもあります。
実際、WordPress のデフォルトでは最新の投稿の一覧ページがフロントページになっています。

[固定ページ]>[新規追加] からフロントページを追加しますが、タイトルと URL スラッグを設定しましょう。

ただフロントページでは、タイトルと URL スラッグはあまり意味をなしません。
フロントページでは他のサブページとデザインも違いタイトルを表示しないケースが多いですし、ドメイン直下のページは URL スラッグの文字列も URL に含まれません。
[タイトル:ホーム] [URLスラッグ:home] とでもしておけばよいでしょう。

ホームページの表示設定をする

固定ページで追加したページをフロントページにするには設定が必要です。
[設定]>[表示設定] から、[ホームページの表示] を [固定ページ] にチェックを付け、[ホームページ] のリストから、先ほど追加した「ホーム」 を選択します。

ホームページの設定画面

固定ページをフロントページにした場合、固定ページ一覧画面では、設定した固定ページに「フロントページ」と表示されます。

フロントページに設定された固定ページ

サブページを追加する

フロントページと同様、[固定ページ]>[新規追加] からすべてのサブページを追加します。こちらもページを追加するだけで、コンテンツの入力はあとから行います。

サブページはタイトルが Web ページに表示されるページタイトルとして使われるケースが多いので、デザイン的にも考慮した名前にします。
また URL スラッグも Web ページの URL の一部として使われますので、ページの内容を示す簡潔な文字列にします。注意点としては WordPress の予約語やメディアライブラリにアップロードしたファイル名と重複しないようにすることです。

その他、サブページではページ属性も設定します。
階層的なページ構成にする場合は、[親ページ] を指定します。URL は親ページに指定した URL スラッグが上位に含まれる形になります。
また [順序] に数値を指定することで、固定ページ一覧画面に表示される順番が決まります。数値が小さいほうが上にきます。

ページ属性の設定

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ