WordPress特集 - システム構成

WordPressはPHPという言語で書かれたプログラムで、データベースにはMariaDBもしくはMySQLを使用します。ここではWordPressがどういうシステム構成をとり、外部要素(エンティティ)とデータをやりとりするか示します。

下図はWordPressのシステム構成図です。WordPress本体としては、大きく分けて「管理画面制御部」「コア」「ページ情報生成部」から構成されています。

WordPress本体にはWebブラウザからアクセスし、各種設定やコンテンツ入力を行います。Webページ情報はページを閲覧するユーザーからの要求があるたびに動的に生成します。

WordPressが動作する一連の流れは以下のようになります。

  1. ユーザーがWebページを表示する操作をしたら、WebブラウザはWebサーバーに対してデータを送信するようリクエストする。
  2. WebサーバーはWordPressに対して該当ページの情報を生成するよう指示する。
  3. WordPressはページ情報をHTMLデータとして動的に生成しWebサーバーに返す。
  4. WebサーバーはHTMLデータおよび必要なCSSファイル/メディアファイルなどのデータをWebブラウザに送信する。

WordPressシステム構成図

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ