WordPress特集 - 管理画面

システムの設定やコンテンツの追加、ページの編集はほとんどすべてを管理画面から行うことができます。独自のカスタマイズを求めない限り、エディターを使って構成ファイルにコードを追加する必要はありません。

ログイン方法

ログインページにアクセスし、ユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名はメールアドレスでも構いません。

https://WordPressをインストールしたドメイン/wp-login.php

WordPressログイン画面

"wp-login.php" は、以下の文字列を入力してもリダイレクトしてログインページにアクセス可能です。
"login", "admin", "wp-admin", "dashboard"

セキュリティの観点から、一般の人がログインページにアクセスできるのは好ましくありません。そのためログインページのURLを推測されないように変更しているサイトもあります。
URLを変更するのは functions.php にコードを記述するとできますが、プラグイン「WPS Hide Login」を使うと簡単です。

管理画面のレイアウト

管理画面にログインすると、最初に下記のような画面が表示されます。
基本操作としては、メインメニューもしくはツールバーから項目を選ぶとそれぞれの画面に移動しますので、そこで設定や編集作業を行います。

WordPress管理画面

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ