WordPress特集 - 再利用ブロック

ブロックを再利用ブロックに追加すると、そのブロックは他の文書でも利用できるようになります。再利用ブロックを編集すると、他の文書で追加した再利用ブロックにも編集内容が一度に反映されます。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8

再利用ブロックに追加する

ブロックを選択し、ブロックツールバーのオプションメニューから、[再利用ブロックに追加] を選択します。

再利用ブロックに追加メニュー

下記ダイアログがポップアップで表示されますので、名前を入力して [保存] をクリックします。

再利用ブロックの名前入力ダイアログ

再利用ブロックになったブロックは、ブロックツールバーに再利用ブロックの名前が表示されます。
[通常のブロックへ変換]ボタンをクリックすると、再利用ブロックから通常のブロックへ変換され、このブロックは個別に編集できるようになります。

再利用ブロック

再利用ブロックを挿入する

再利用ブロックを同じ文書内の他の場所、もしくは他の文書でも挿入したい場合は、ブロックインサーターで、[再利用可能]タブをクリックします。
追加されている再利用ブロックが表示されますので、クリックして挿入します。

ブロックインサーターの再利用可能タブ

再利用ブロックを編集する

上部ツールバーのオプションボタンをクリックし、[再利用ブロックを管理] を選択します。

再利用ブロックを管理メニュー

再利用ブロックの一覧画面に移動しますので、タイトルをクリックすることで、投稿や固定ページと同様に再利用ブロックの編集ができます。
ここで編集した内容は、挿入したすべての再利用ブロックに反映されます。

再利用ブロック一覧画面

通常の文書の編集画面で再利用ブロックを編集することもできます。
その場合、更新ボタンをクリックすると、どの変更点を保存するか聞いてきますので、再利用ブロックにチェックを付けて [保存]ボタンをクリックします。

再利用ブロックの保存パネル

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ