WordPress特集 - パーマリンク

Webページにはそれぞれ固有のURLがありますが、それらをパーマリンクと呼んでいます。WordPressではHTMLファイル名がそのままページのURLとはならないので、パーマリンク設定でURL構造を決める必要があります。

WordPressでは以下の条件で各ページのURLが決まります。

  1. 投稿や固定ページそれぞれが持つpost-IDやスラッグ
    post-IDは重複しないように自動的に割り振られます。スラッグは任意の文字列を指定できます。
  2. 管理画面のパーマリンク設定で決めた構造
    さまざまな構造を定義できます。
  3. ページ種別
    アーカイブページは種別特有の文字列が追加されることもあります。

適切な構造をもったURLが各ページに割り振られないと、サイト全体の見通しが悪くなりますので、SEOの観点からもパーマリンクは非常に重要です。ページの内容を示す適切な文字列を与え、階層が明確に分かるような構造にします。

最終的にどのようなURLにしたいのかは制作前に決定しておき、サイト公開後は変更しないようにします。

パーマリンク設定画面

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ