WordPress特集 - 投稿個別ページの表示設定をする

投稿個別ページでは、固定ページと同様にタイトル/アイキャッチ画像/本文を表示します。それに加え、公開日時/カテゴリー/タグ/投稿者などの情報も表示します。それらの付加される情報をどのように表示するかはテーマにゆだねられていますが、テーマによっては表示する要素をコントロールできます。

【記事執筆時の環境】
WordPress 5.8

投稿個別ページに表示する要素を管理画面からコントロールできないテーマもあります。その場合は、もしその要素を表示したくないとしたら、カスタマイザーの追加 CSS に要素を非表示にするコードを記述するしかありません。要素のセレクタに対して「display: none;」を指定します。

テーマの中には要素の表示/非表示を切り替えられるものもあります。下記はテーマ Astra のカスタマイザーでの設定画面です。

投稿個別ページの表示設定画面

なお、WordPress 5.8 では投稿の公開日やアイキャッチ画像など、さまざまな要素を表示できるブロックが追加されました。投稿個別の編集画面でそららのブロックを追加することは可能です。ただしテンプレートに追加するのではないため、すべてのページに共通で表示されるわけではありません。

«次の特集記事»
«前の特集記事»

スポンサーリンク

WordPress 特集記事

WordPressの概要

WordPressの仕組み

WordPressのカスタマイズ性

制作環境とインストール

基本設定項目

追加設定項目

Gutenbergエディター

具体的な制作作業

応用・高度機能

実践的なTips

よく使われるテーマ紹介

有用なプラグイン紹介

独自テーマによる制作

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ