WordPressマルチサイトでの更新情報サービスについて

WordPressマルチサイトでは、更新情報サービスの設定が[投稿設定]画面ではできません。
通常と違って、ネットワーク管理者の画面から行うようになっています。
また、Ping送信先として1サイトしか登録できませんので、複数登録する方法を解説します。

【記事執筆時の環境】
WordPress 3.8.1

マルチサイトでPing送信先を登録する

ネットワーク管理画面の、[サイト]を表示します。

設定したいサイトをクリックします。

[設定]タブをクリックします。

[Ping Sites]の欄に登録したいPingサーバーのURLを入力します。

Pingサーバー登録画面

プラグインを利用して複数のPing送信先を登録する

現在のWordPressの仕様では、マルチサイトでは1か所しかPing送信先を登録できませんので、プラグインを使って複数登録できるようにします。

プラグインにはいくつか候補がありますが、ここでは「WordPress Ping Optimizer」を使ってみましょう。

このプラグインは、記事公開の時だけPing送信し、記事更新の時は送信しないように制御してくれます。
WordPressデフォルトでは、更新のたびにPing送信しますので、あまり好ましくありません。

また、送信ログを記録してくれるので送信が成功したか失敗したかもわかります。

プラグインをインストールし有効化したら、[設定]-[WordPress Ping Optimizer]をクリックします。

WordPress Ping Optimizer設定画面

1か所ずつ改行して、PingサーバーのURLを登録します。

ネットワーク管理画面の[Ping Sites]を見てみると、登録した複数のURLが表示されています。

ネットワーク管理画面でのPing Sites

スポンサーリンク

特集記事

  • jQuery Mobile Image

    jQuery Mobile を基本から覚える
    スマホサイト制作に最適なフレームワークの利用方法を解説。DEMOページ・サンプルコードで動作を確認できます。

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ