Web Tips:制作手順・環境

Webデザインにグリッドシステムを利用する

均等なマス目に分割したグリッドに従ってレイアウトするグリッドデザインは、正確で規則的なレイアウトを実現でき、Webサイトに整然とした印象を与える手法です。専用のフレームワークもありますが、この記事では簡単な利用方法をいくつか紹介します。

スマートフォンサイトの開発環境としてEdge Inspectを利用する

Adobe Edge Inspectは、PCに表示しているWebページを、LANに接続しているスマートフォンに同期して表示するツールです。スマートフォンの操作なしでWebページの表示確認が行えるため、効率的にデバッグできる開発環境が構築できます。

XAMPP環境でLAN内の他PCからWordPressサイトにアクセスする

XAMPPでローカルに開発環境を構築している場合、LAN内の他のPCからWordPressで作ったWebサイトにアクセスする方法を解説します。これによりWi-Fiで同じネットワークに接続したスマートフォンなどからもサイトを閲覧できるので、デバッグする時に便利です。

Android 開発環境として Android SDK Tools を利用する

スマートフォンサイトの制作で、Android での表示を確認したい場合は、Android SDK に含まれているエミュレータを利用できます。Android SDK は、Windows/Mac OS/Linux の各プラットフォーム向けに提供されています。

セッションの有効期限を設定する

Webサイトへアクセスしてきたのが同じクライアントだと認識するには、クッキーとセッションの仕組みを使います。どちらも有効期限を持っていますので、それらの仕組みと設定方法を解説します。

Eclipse+XdebugによるPHPのデバッグ方法

Eclipse+Xdebugを使って、PHPプログラムのデバッグをする方法を解説します。
EclipseとXdebugは個別にインストールすることもできるのですが、Pleiades All in Oneで、XAMPPとともにローカル環境にまとめてインストールしている前提で解説します。

Pleiades All in Oneによるローカル開発環境の構築方法

動的なWebサイトをPHPプログラムで構築する場合やWordPressを使う場合は、ローカルに開発環境を整えると効率的に作業を進めることができます。EclipseとXAMPPが含まれている「Pleiades All in One」というパッケージを使った開発環境の構築の仕方を解説します。

ページの先頭へ