Webに関連する言葉の意味

画像:Webの基礎マスター講座

"Web" という言葉自体があいまいで、複数の意味で使われるようになっていますが、ここでは Web の世界で使われる代表的な言葉をピックアップして説明してみます。

Webページ

インターネットを利用するサービス WWW(World Wide Web)によって参照する文書のこと。

Webサイト

本来は Webページを格納しておく場所の意味だが、Webページ全体を指す言葉として世界的に広く使用されている。日本では「ホームページ」と同義として使われることも多い。

ホームページ

本来はブラウザのホームボタンを押した時に表示されるページのことであったが、日本では「Webサイト」の代りに一般的に用いられている。

ドメイン

インターネット上の住所である IPアドレスを人間に分かりやすくした文字列。インターネット上でコンピュータやネットワークを識別するために使われる名前のこと。Webサイトだけでなくメールアドレスの @以降にも使われる。

URL (Uniform Resource Locator)

Web上にあるリソース(ファイル)が Web上のどの位置にあるのかを表す形式。ドメインの文字列だけでなく、プロトコルやホスト名、ディレクトリ/ファイル名も URL に含まれる。

URL を拡張したものに URI がある。
URI(Uniform Resource Identifier) = URL + URN(Uniform Resource Name)

«次の講座記事»
«前の講座記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ