Webサイトの構成

画像:Webの基礎マスター講座

Webサイトはたくさんのファイルで構成され、されらをサーバーの適切なディレクトリに格納する必要があります。それにより外部からアクセスできるようになります。そういった作業一切を含めて、「Webサイトを構築する」といいます。ここでは Webサイトがどういう構成になっているか説明します。

HTMLファイル

Webページの本体で、文書構造を定義し骨格を形成するファイルです。拡張子は 「.html」 もしくは 「.htm」となります。具体的には HTMLコードを記述しているファイルとなります。
基本的には1ページに1つの HTMLファイルが存在しますが、CMS(Content Management System)のなかには、アクセスがあった場合にその都度プログラムで HTMLファイルを作成しますので、その限りではありません。

CSSファイル

Cascading Style Sheet の略で、Webページにレイアウトや装飾などデザイン(スタイル)を指定するファイルです。拡張子は「.css」で、ひとつの Webページに複数読み込むことも可能です。

コンテンツファイル

画像ファイル、動画ファイル、音声ファイルなどで、HTMLファイルや CSSファイル内で読み込みます。

プログラムファイル

ページに動作を与えるコードを、PHP や JavaScript などの言語で記述したファイルです。

データベース

テキストデータに関しては、従来は HTMLファイルにそのまま記述していましたが、最近では CMS を導入しデータベースに格納する手法が主流となっています。

その他ファイル

サーバーの動作を制御するファイルなどです。

«次の講座記事»
«前の講座記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ