Webサイト公開に必要なもの

画像:Webの基礎マスター講座

Webサイトはローカル環境でパソコンを用いて制作し、ローカル環境内だけで表示することも可能です。しかし、実際はインターネット上に公開し、不特定多数のユーザーが閲覧できるようにしなければなりません。公開するためには何が必要になるか説明します。

Webページ

Webサイトとは、その中にあるページを見てもらうためにあるのですから当然です。最近ではさまざまなツールやサービスを使って Webページを作成することができますが、最終的には HTML/CSS 記述ルールに従ったテキストデータ(ファイル)を生成することになります。

コンテンツ

Webサイトを訪問するユーザーに提供する文章、写真、動画などの情報です。これを作成する作業が最も重要で時間がかかる部分となります。

ドメイン

インターネットを介して Webサイトにアクセスするには、そのサイトのアドレスが分からないとどうしようもありません。そのアドレス(住所)にあたるものがドメインです。
ドメインは、「https://example.com/」などユーザーがブラウザのアドレスバーに入力する文字列の一部となります。ドメインを取得するには、「レジストラ」と呼ばれる業者に依頼します。

サーバー

Webページファイルやコンテンツを格納し、アクセスしてきたユーザーに情報を提供するコンピュータのことです。ハードウェアとしての本体と、機能を提供するソフトウェアが必要です。大手企業では自前でサーバーを用意していますが、中小企業や個人ではレンタルサーバーを契約することが一般的です。
なお、「サーバー」といっても、実際に Webサイトを運営するにはたくさんの種類のサーバーが必要となります。中心となる Webサーバーの他にも、メールサーバー、FTPサーバー、データベースサーバーなどが必要です。

制作ツール

最終的なアウトプットとしての Webページファイルやコンテンツを制作するには、さまざまなツールを使います。ハードウェアとしてのパソコンはもちろんですが、ソフトウェアも必要です。それらのツールを揃えるだけで、結構なお金と時間がかかります。状況に合わせて最適なものを選択するのが大切ですが、それさえも知識とノウハウが必要になります。

«次の講座記事»
«前の講座記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ