Webを支える3つのキーテクノロジー

画像:Webの基礎マスター講座

Web は、インターネット上の文書を相互参照するシステム全体を指しますが、この Web はたくさんのテクノロジーから成り立っています。ここではその中から、覚えておくべき3つのキーテクノロジーをあげます。

URI(Uniform Resource Identifier)

インターネット上のリソース(ファイル)を特定する表現形式で、URL(Uniform Resource Locator)を拡張したものです。URI と URL は混同して使われていますが、厳密な意味を求められるケースはほとんどないので、通常の会話の中では問題ありません。

URI は Webサイトのアドレスを示すために用いられるため、一般的には "サイトアドレス" や "ホームページアドレス" という言葉のほうが馴染みがあります。

URI(URL)の構造は以下になります。

HTTP(Hypertext Transfer Protocol)

Webブラウザと Webサーバーの間で用いられる通信プロトコルのことです。このプロトコル(規約)に沿った手順を用いて、文書情報などをやりとりします。サイトアドレスの最初にくる "http" はこれを示しています。

また最近では、セキュリティの問題から、通信内容を暗号化するプロトコルの "https" が主流になっています。今後 Webサイトを構築する際は、サイトアドレスとして http ではなくて https を使うようにしましょう。

HTML(Hypertext Markup Language)

Webページを記述するための言語のことです。大半の Webページはこの言語を用いて作成されています。ブラウザはこの言語で書かれたページ情報を解釈して、画面にどのように表示するか処理しています。

«次の講座記事»
«前の講座記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ