HTMLとCSS

画像:Webの基礎マスター講座

Webサイトを構成するファイルで中心になるのは、「HTMLファイル」と「CSSファイル」です。どちらも定められた書式に従いコーディングしなければなりません。HTMLとCSSの知識不要と宣伝するサービスも多いのですが、基礎だけは覚えておきましょう。

HTMLとCSSの役割

Web で参照する文書の構造を定義するのが、HTML (HyperText Markup Language) で、文書のスタイル(体裁・装飾)を指定するのが、CSS (Cascading Style Sheets) です。

最初に、Webページを表現するために HTML の仕様が策定されました。HTMLで記述された文書は、「HTML文書」と呼ばれます。
その後文書構造と装飾的な効果を分離し、後者を指定する手段として CSS の仕様が策定されました。

なお、現在ではあまり推奨されていませんが、HTML文書内にスタイルの記述をすることもできますので、HTMLファイルさえあれば Webページを構成することは可能です。

HTMLの基本構造

HTML は言語と言ってもプログラミング言語ではありません。見た目を表現するためのマークアップ言語です。HTMLは以下のような構造で記述します。

  • HTML文書は、構成単位である ”要素” を組み合わせて構成します。
  • 要素はルート要素(html要素)を起点としたツリー構造となっています。
  • 要素は "タグ" と呼ばれる記号で示します。
  • タグは要素名を山括弧 <> で囲んだもので、通常は "開始タグ" と "終了タグ" のペアで用いられます。ただし、終了タグがない要素も存在します。

HTMLの書式

HTML文書は要素を羅列し記述していきますが、書式は以下になります。

  • 各要素はタグを使って記述します。
  • タグには属性名とその値を含めることができます。
  • 値と内容以外は、すべて小文字で記述します。

CSSの仕組み

CSS も、HTML 同様に仕様に従った記述をしていきますが、HTML に比べると構造も書式もかなり単純になっています。主な仕組みとしては以下になります。

  • CSSファイル内に、HTML要素や HTML要素に指定した id/classに対し、CSS属性(プロパティ)の値を指定します。
  • 記述がない要素・プロパティに対しては、ブラウザが持つ初期値が適用されます。
  • HTML文書で CSS の適用を受けるには、head要素内に linkタグを使って CSSファイルを読み込む記述をします。

CSSの書式

  • プロパティはセミコロン( ; )で区切り、複数をまとめて記述することも可能です。
  • セレクタはカンマ( , )で区切り、複数をまとめて記述することも可能です。

セレクタの基本3種

CSS では、スタイルを指定する対象を「セレクタ」と呼びます。セレクタの種類はさまざまなものがありますが、基本は以下の3つです。

  1. タイプセレクタ(要素セレクタ)
    HTML要素名を記述します。
  2. idセレクタ
    #(シャープ)のあとに id名を記述します。
  3. classセレクタ
    .(ドット)のあとに class名を記述します。

«次の講座記事»
«前の講座記事»

スポンサーリンク

オンライン講座

Webの基礎マスター講座ページへのリンク


連載講座:WordPressで作る簡単Webサイトページへのリンク

提供しているサービス

WordPressサイト制作出張講座ページへのリンク

WordPress を利用した Webサイト制作の方法を、
あなたのオフィスにうかがいご説明いたします。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>


Webサイト1日公開サービスページへのリンク

一刻も早く Webサイトが必要な方のために、
一緒に作業し1日で公開までもっていきます。
料金:¥28,000

サービス詳細ページ >>

申し込みフォーム >>

スポンサーリンク

ページの先頭へ